メゾン・ド・プティ・フール

メゾン・ド・プティ・フール ガトーバスク


お店の紹介

メゾン・ド・プティ・フール

日本で初めて焼菓子の専門店をオープンさせた「メゾン・ド・プティ・フール」。脇役にされがちな焼菓子にスポットを当て、小さなマドレーヌからフランスの珍しい伝統菓子まで幅広く取り揃えたお店です。焼菓子がメインのこ ちらのお店は店内に入るととても良い香りで、ケーキを買いに行ったはずが、ついつい焼き菓子にも手が伸びてしまいます。 黄金色に焼き上げられた焼菓子がずらりと並ぶ様はまさに圧巻。ずっりしとした食べ応えを思わせるお菓子の迫力が直に伝わり、お店にいるだけで感じるわくわく感を覚えてしまうと、何故これまで焼菓子にスポットが当たらなかったのだろう、と考えてしまうほど。

オーナーは、洋菓子界の大御所「オーボンビュータン」のオープニングスタッフとして、その後フランス・パリで修行を積んだ西野シェフ。西野シェフの、焼菓子を主役にしていくその信念は、スポットの当たらなかった焼菓子に少しずつ光を当て、伝統焼き菓子が贈り物として浸透してきたり、飛行機のファーストクラスでふるまわ れたりとスイーツの世界を少しずつ変えてきています。それはもちろん、誰もを納得させる腕前があるからこそ。


僅かな違いが楽しい焼菓子ですが、シェフのお菓子は一口食べてすぐ分かるほど。これは香りがいいかな、というレベルではなく全身を優しく包み込むような香り。それも分かりやすいバターの香りだけでなく、じっくり火を通したことによる香ばしさがあり、それがいつまでも香りを保っていることに驚き。それだけ香りが良いにもかかわらず決して油っぽくはなく、ざっくり・しっとり問わず、どこかカラッとした潔さがあります。
リトライの許されない、焼きっぱなしの生地の一本勝負。何の飾りもない、生地だけで食べるお菓子がこれほどおいしいなんて、西野シェフでなければ出すことのできない、高い技術の結晶です。

メゾン・ド・プティ・フール

メゾン・ド・プティ・フール

それだけの技術を持って作られたシェフのお菓子、当然各地からひっぱりだこ。自由が丘のテーマパーク「スィーツフォレスト」にもオープン早々に出店し、その後JAL「クラスJ」の機内サービスのお菓子として選出。神戸スイーツハーバーにもお菓子を出品するなど、幅広くめまぐるしい活躍ぶり。
また、2004年4月には3軒目の長原店をオープンさせ、新たに生ケーキもスタートし、シェフの新しい魅力にまた新しいファンが増え続けています。遠方からも多くのお客様が訪れ、お中元・お歳暮の時期には注文が殺到するとか。

日本で初めて焼き菓子を主役にしたシェフの、違いの分かるお菓子は、ご贈答としても日常のお菓子としても、召し上がる方の生活を豊かにしてくれるはず。今まで興味の無かった方も、シェフのお菓子を食べて今までの概念が変わったとか。フランスの伝統菓子や地方菓子など、まだまだ掘り起こされていないお菓子もたくさんあり、楽しみはまだまだ続いています。より深いお菓子の世界を、ぜひ堪能して下さい。


メゾン・ド・プティ・フール

メゾン・ド・プティ・フール

住所 東京都大田区仲池上2-27-17
営業時間 9:30~18:30
定休日
アクセス 地下鉄都営浅草線西馬込駅より徒歩10分

シェフの紹介

メゾン・ド・プティ・フール

日本初の焼き菓子専門店をオープンした西野シェフ。当時まだマイナーだった焼き菓子に情熱を注ぎ、フランスの伝統焼き菓子を世に知らしめました。焼き菓子の技術は日本屈指。高い技術で、一口食べて違いの分かる、別格の焼き菓子を作り続けています。
また、伝統菓子の提供だけでなく、様々なイベントや洋菓子講習会でも講師を務め、現在人気の若手シェフを世に送り出したりと、常に多忙の大活躍シェフです。


商品を購入する

ただいま、商品がございません