ル・スリール・ダンジュ

ル・スリール・ダンジュ 万葉ぽてと&オートンヌ


お店の紹介

2003年、東京都国分寺市にオープンしたお店「ル・スリール・ダンジュ」。 このお店、何とオープン後1年足らずのうちに、お店の名物「万葉ぽてと」が国分寺市から「国分寺市名物名産推奨品」として認定された、実力派シェフのお店なんです!

オーナーは木村勝司シェフ。 吉祥寺「レピキュリアン」、「帝国ホテル」、銀座「和光ケーキショップ ルショワ」という、有名シェフ出身の名門店や、一流の立地のお店で修業を積んできました。

しかしそんな輝かしい経歴の木村シェフ、「手の届かない存在の近寄りがたいシェフ」とは正反対。 何とも気さくな、地元を愛する明るいシェフなんです。


お店の名前「ル・スリール・ダンジュ」は「天使の微笑み」という意味。 天使とは、お客様を表しています。 そのため、シェフがまず第一に考えるのはお客様のこと。 ケーキの種類や接客マナーなど、全てお客様のことを考えた上でのお店作りをしています。

お店の開店当初は「街のケーキ屋さん」として親しまれていましたが、「私のケーキ屋さん」と思ってもらえるために、1人1人と密着した関係を心がけてこられ、今では地元の中学生にバレンタインのチョコをもらうほど! すっかり「私のケーキ屋さん」として定着しています。


「旬のものを旬の時期に」と考えるシェフのこだわりから、お店のショーケースの中身は季節によってガラッと変わります。 ちょうど苺の季節にいただいた苺のタルトの、苺の甘くみずみずしいことといったら!フルーツ屋さんでもこんなにおいしい苺が食べられるかな、と思うほどのおいしさでした。 旬の素材を大切にするシェフらしい、最大限に素材のおいしさを活かしたケーキが揃っています。

一方、素材の合わせ方も独創的で、あんことチーズを合わせたスイートポテトや、和菓子のカステラのようなコクのある「ロールケーキ」など、一風変わっていながら食べやすい味に技術の高さを感じます。 また、ケーキのフォルムやデコレーションが美しいのも特徴。 さすがこれまでの名店で、目も舌も一流のお客様を満足させてきた腕前。

若い女性にも人気があるのも頷けます。


今後は新しい店舗のオープン、いずれはその場で食べてもらえるサロンも開き、パンなども並べたいとのこと。

常に目標を持ち達成していくバイタリティ溢れるシェフのお菓子は、食べるだけで元気をもらえるパワーがみなぎっています。 見て楽しい美しいデコレーションに、お子様にも食べさせてあげたい旬の味も、ママにとっては2度嬉しいところ。 ご家族にはうってつけのお店です。

「ル・スリール・ダンジュ=天使の微笑み」のお菓子は、食べる人皆に笑顔を与えてくれます。


ル・スリール・ダンジュ

ル・スリール・ダンジュ

住所 東京都国分寺市西元町2-17-10
営業時間 9:30~20:00
休日 月(定休日が祝日の場合は営業、翌日代休)
アクセス JR中央線西国分寺駅南口から徒歩8分

シェフの紹介

ル・スリール・ダンジュ

吉祥寺「レピキュリアン」、「帝国ホテル」、銀座「和光ケーキショップ ルショワ」など数々の名店で修業した木村シェフ。上京後10年で独立すると決め、決して簡単ではないその目標を決めた通りに成し遂げ、今後は新店舗のオープンやサロンの展開も考え中と、常にバイタリティに溢れています。
美しいデコレーションや整ったフォルム、旬の素材を最大限に活かしたお菓子は、小さなお子様から若い女性にも大人気。地元のお客様を始め小中学生との触れ合いも大切にしているシェフのお菓子は、幅広い年齢層の方に支持されています。


商品を購入する