菓子工房 まある

菓子工房 まある タルトショコラ


お店の紹介

東京の下町・文京区にお店を構える「菓子工房まある」。
和菓子屋さんやご年配の方の多いこの町で珍しいケーキ屋さんです。

お店の中には、チーズケーキやチョコレートタルトなどスタンダードな商品が並び、下町だからかな、と思わせるのですが、これが実はそうではないとのこと。

「マキシム・ド・パリ」や「ルコント」、「シェラトンホテル」など、一流かつ老舗の名店で修業してきたシェフが作りたいケーキは、余計なものをそぎ落とした、原点に帰るようなスタンダードなケーキ。
でもこれが一番難しく、誰もが自分の基準を持っている定番ケーキの味を崩さず、かつシェフ自身のオリジナリティを出すのは非常に困難です。


そこでまずシェフがケーキを作るときに一番大切にしているのは素材を徹底的に知り、選び抜くこと。
シンプルなケーキほど、素材の味がそのまま伝わってしまうので、これまでの経験で培った目で素材を厳選しています。
チョコレートなら、フランス・チョコレート会社の老舗ヴァローナのものを。
生クリームも、ケーキによって、脂肪分の濃度からメーカー、絞る固さなどを変えているのだそう。

例えば、デリケーキでも扱っている「抹茶ロール」。
通常の抹茶よりも数段濃い緑色をしていますが、これもシェフが「新鮮な抹茶ほど、緑の色が濃い」からと、必ず新鮮なお茶を使っているのだそう。
お茶も鮮度が命ですから、新鮮であればあるほど味も香りも格別。
どのケーキも、素材そのものの味を自然に感じることができるので、シェフのケーキは何度食べても飽きることがありません。
また、デコレーションから土台の生地に至るまで、ケーキの全てが一体になったときが一番自然と思われる、ベストな配合がなされているのも特徴。
このクリームはこんな味、これはこんな味、と考えることを忘れさせてくれる、自然な奥深さは食べてほっとできる味わいです。
一見気付きにくいかもしれないけれど、これはとても貴重なおいしさ。


もちろん場所柄も考慮して、和素材のケーキも多く、小さいお子様やファミリー向けのケーキのデコレーションに、シェフ手作りのマジパン人形やバラの花を飾ってあげるという手のこんだサービスも。
店内は布地やかごなど、自然の温もりを感じさせる中にたくさんの焼き菓子が並んでおり、ご年配の方が多いため、お店の横に小さなベンチを置く優しさにも心が温まります。
下町に溶け込むようなピンク色のかわいいひさしのケーキ屋さん「菓子工房まある」には、ちゃんと素材の味がするケーキ、子供に戻って夢中でケーキを食べたいなと思うとき、食べ手の心を満足させてくれるお菓子が揃っています。


菓子工房 まある

菓子工房 まある

住所 東京都文京区千駄木3-44-9 パレドール千駄木Ⅱ1F
営業時間 10:00~20:30
定休日
アクセス JR西日暮里駅より徒歩6分

シェフの紹介

菓子工房 まある

パリに本店を置く老舗「マキシム・ド・パリ」、日本の洋菓子の草分け的お店「ルコント」、著名人も多く通う「シェラトンホテル」など、数々の名店で修業したシェフ。一流の材料、伝統のあるお菓子から新しいお菓子まで幅広く携わったシェフがたどり着いたのは、シンプルでスタンダードなお菓子。今までの経験をふまえて生み出されるケーキは、奥深さに気付かせないほど巧みで素直においしいと感じてしまう味わい。
地元に合わせるのではなく、地元を愛するお店作りで、手作りの人形やバラのデコレーションなど、心のこもったケーキ作りも親しまれています。


商品を購入する

ただいま、商品がございません